Thank you! グラミンハウス

gch

福岡で知り合った、親しい友人たちが開設した「日々のてまひま」のイベントのドキュメントプロモーション映像です。

九州大学移転にともない、箱崎キャンパスの近代の建築物が次々解体されています。
この映像は2015.04.19に開かれた5月に解体工事が本格化するのを前に、84年の歴史に別れを告げようと、関係者が見納めパーティーを開いたときの映像です。

以下「日々のてまひま」ページより抜粋

九州大学で80年の歴史をもつグラミンハウス(正式名GCH)に別れを惜しむパーティを開催ました。この建物に素敵なアートを施した障害者のみなさんとともに、「日々のてまひま」メンバーが発起し、「九州大学SBRC」が主催となり企画したものです。

障害者も健常者も互いの境界なく1つの目標に向かい、素敵な1日だけの空間が生まれました。

どうぞ、2015年4月19日のグラミンハウスの様子をご覧ください。ありがとうグラミンハウス!

なお、現在、この貴重な建物を残す運動がいくつかおこっております。

  • 主催:
    九州大学SBRC / 共催:ダイスプロジェクト+工房まる+日々のてまひま+まちカンパニー箱崎 / 企画運営:日々のてまひま / 空間デザイン:ダイスプロジェクト
  • アートライブペイント&ワークショップ:
    工房まる / 缶バッジワークショップ:アトリエブラヴォ
  • 展示:
    SBRC / ANABA PROJECT / トークライブ(障害者とソーシャルビジネスの可能性):岡田昌治(九州大学教授-SBRCエグゼクティブ・ディレクター)+橋爪大輔(ダイスプロジェクト-日々のてまひま)+ 吉田修一(工房まる施設長) / トークライブ(日々のてまひま×障害者アート):[原田啓之(アトリエブラヴォ)+池永健介(工房まる)+ 吉田修一(工房まる施設長)+山中理恵(ひまわりパーク六本松)先崎哲進(日々のてまひま/テツシンデザインオフィス)
  • フード:
    HAPPY HARBS / DJ:DJシュニスタ
  • グラフィック:
    先崎哲進(テツシンデザインオフィス) / WEB:焼山ヤッキー(日々のてまひま) / アーカイブ映像:泉山朗土(voxgraph)